2008年10月19日

超簡単!保険料節約術

毎月の保険料も少し工夫すれば「節約する」ことができます。

本来は保障内容を見直して保険料を抑えるのがベストになりますが、保険を変えなくても

・月払いを年払いにする(大体2%前後は保険料が割安に)

・クレジットカード払いが可能な場合はクレジットカードに切り替える(ポイントが貯まります)

をすれば、ほんの少しかもしれませんが節約ができます。ちりも積もればです。

参考になりましたらランキングご協力よろしくお願いします。


ラベル:保険料 節約
posted by kenken at 18:19| 生命保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

保険料はどうやって決まる?

「保険は助け合い」というのを聞いたことがあるでしょうか。大勢の人から少しずつお金を集めて、一部の困った人のために集めたお金を役立てる相互扶助というのが保険の原型になります。

医療保険だと、保険会社が多くの契約者から保険料を集め、その集めたお金から入院や手術をした人に給付金を支払うのです。

このとき、いくらの保険料を集めれば給付金支払いを賄えるかを計算しなくてはなりません。そのために保険会社では、過去のデータから年齢や性別ごとの入院率などを求め、それを元に保険料計算をします。

保障範囲が広くなるほど、また保険期間が長くなるほど給付金支払いの確率は高くなりますから、保険料も高くなっていきます。

 算出した保険料は純保険料といい、それに保険会社の経費など(付加保険料)を足したものが私たちが支払う保険料です。

だから、年齢が高く一般的に病気のリスクがあがると保険料もあがるんですね。
参考になりましたらランキングご協力よろしくお願いします。
posted by kenken at 15:10| 保険基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

配当金とは

加入している生命保険会社が相互会社である場合には、契約者は「社員」になります。

その社員に対して年1回支払われるのが社員配当金です。これがいわゆる配当金ってものになります。

保険料は契約期間に応じて予定死亡率、予定利率、予定事業費率をあらかじめ見積もった上で計算されますが、通常はある程度安全を見込んで算定されるため、年度末に剰余金が出ることになります。

この剰余金を社員である契約者に還元するのが社員配当金ということになります。

なるほどって思ったらランキングご協力よろしくお願いします。
posted by kenken at 06:39| 生命保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PCA生命保険

最近、変額年金保険や医療保険で人気の

PCA生命保険ってごぞんじでしょうか?

PCA生命保険は1848年にイギリス・ロンドンで設立され、現在の運用資産は60兆円です。フォーチュン誌によると、生命保険会社では、世界5位で格付けも良く、「AA−」です。

日本では、知名度は低いかもしれませんが、世界的な生命保険会社なんですね。

ちなみに、あの有名な豪華客船

タイタニック号

で、1513名が亡くなりましたが、そのうち、

324名

が、PCAグループの生命保険加入者だったのは、業界では有名な話です

なるほどって思ったらランキングご協力よろしくお願いします。
ラベル:PCA生命保険
posted by kenken at 06:07| 生命保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月12日

生保危機が再燃!?

生命保険会社は大丈夫か――。日経平均株価があっさり1万円を割って、9日にはあわや9000円の底も抜けるかという局面に立たされた。米国はAIG救済を決めたものの、次なる大手生保の危機説が浮上してNYダウが大きく売り込まれた。こうなると、最大の機関投資家として、株式を大量に保有する国内生保の経営状況を心配する声が上がるのは当然だ。

 そこで、大手9生保の保有株式の含み益がゼロになる日経平均株価を別表のとおりまとめてみた。8日の日経平均が9203円だから、すでに4社(朝日、住友、三井、富国)が含み損を抱える事態となっている。抵抗線の9000円を割り込むようなことになれば、生保2位である第一生命の含み益までが吹き飛ぶ恐れが生じる。この衝撃は大きい。

 実は各生保のゼロ水準は08年3月時点のものだ。9月時点のゼロ水準は現在、各社が精査中で確定していないが、生保の買値は上がっているものとみられる。

 金融事情に詳しい株式評論家の杉村富生氏がこう指摘する。

「生保は、加入者の解約や保険金支払いに備えて株価の上昇局面で保有株を売却し利食いしていることが多く、売買するたびに生保の買値が高くなっていると考えられます。それにゼロ水準は理論的な数値でしかなく、7000円台という生保トップ級の採算ラインは、実際には8000円近辺になっている可能性があります。生保の内実はけっこう苦しい状態にあるのではないでしょうか」

 日本株の暴落がこのまま続けば、健全運営を続けてきた生保経営に赤信号がともることになる。

 すでにアリコジャパンは財務悪化で、国有化された米国の親会社AIGから900億円の資本注入を受けている。

 生保業界も激震で、「しばらく鳴りを潜めていた国内生保44社の大再編に火がつく」(生保幹部)とのヨミがすでに始まっている。

 金融危機に見舞われている欧米のトバッチリが日本の生保を襲うのに、そう時間はかからないかもしれない。

【生保大手の含み損益ゼロ水準】

◇生保名/日経平均株価

◆明治安田生命/7400円

◆日本生命/7600円

◆大同生命/8000円

◆太陽生命/8270円

◆第一生命/8800円

◆富国生命/9300円

◆三井生命/9400円

◆住友生命/1万400円

◆朝日生命/1万2750円

(日刊ゲンダイ2008年10月9日掲載)
posted by kenken at 17:34| 生命保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大和生命破綻で

10月10日に更生特例法を申請した大和生命保険は11日、東京都内で保険契約者など債権者向けの説明会を開いた。保険契約者からは「自分の保険金支払いはどうなるのか」など不安の声が相次いだ。

 出席者によると、中園武雄社長が冒頭、破綻(はたん)の経緯を説明し陳謝した。保険契約に関する説明では、契約者の積み立てた保険金の支払い原資を指す「責任準備金」など専門用語が多く、「意味が分からない」など不満が漏れた。

 会場からは「私のお金を使ってばくちで負けたんですね」「(株価下落が)想定外なんて素人集団なのか」など、経営陣の責任を問う厳しい質問も出された。説明会は大阪など5会場でも12〜15日まで開かれる。

とのことですが、更生特例法の申請で、裁判所の管理下に置かれた大和生命の契約者は、保険契約をいわば「凍結」されたことで、これまで通り毎月の保険料を払い続けなければいけないそうです。それなのに支払われる保険金は9割まで。個人年金保険のような高利回りの商品はさらにカットされる可能性があるとのことです。
posted by kenken at 17:30| 生命保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。